3月13日全店臨時休業いたします 3月13日全店臨時休業いたします 社内研修のため全店臨時休業いたします。詳しくはこちらからご覧ください。詳しくはこちらからご覧ください。
はじめてご利用の方ご利用の方限定1万円以上の買取成立でQUOカード1000円分プレゼント はじめてご利用の方ご利用の方限定1万円以上の買取成立でQUOカード1000円分プレゼント
閉じる
買取メニュー
2回目以降の方はこちら
質問やご相談も
お気軽にお問合せください
フリーダイヤル0120-991-2230120-991-223
【電話受付時間】10時~20時
※買取の際には現在の住所が記載された公的な身分証明書が必要です。印鑑は必要ありません。身分証明書について詳しくはこちらをご覧ください。

CATEGORY出張買取記事一覧

  • 出張買取のルールについて〜意外と知らない古物商とは〜
    NEW

    出張買取にはルールがあります。法律により取り決めがあり、警察署での許可が必要です。

    法律も守らない悪徳業者も多く存在しているため、注意が必要です。

    出張買取に必要な古物商の許可。古物営業法を理解することで、安心して出張買取を依頼することができます。

  • 出張買取について!クーリングオフ制度って使える?
    NEW

    出張買取にクーリングオフ制度が適用されるって知っていましたか?
    訪問販売などの契約を解除できるクーリングオフ制度ですが、実は訪問買取である出張買取にも適用されます。
    今回は、クーリングオフ制度が使える出張買取についてご紹介します。

  • 在庫買取ならどういう業者を選ぶ?アパレル、ブランド品は専門企業で決まり
    NEW

    新型コロナ感染対策、緊急事態宣言の発令に伴い、商業施設や路面店等の営業自粛が続き、様々な業種が厳しい経営状況に立たされています。

    そもそも、アパレル業界は、大手メーカーはもちろん、アウトレットやオフプライスストア等の販路を持つことができない中小企業様が多く存在しており、セレクトショップを個人で運営されているオーナー様に至るまで、在庫課題(滞留在庫、余剰在庫など)は常態化しているものでしたが、今回を転機に、在庫に対する考え方や課題に対する意識が各段に高まってくると言われています。

    その他にも、アパレルメーカーやブランドホルダーから受注している縫製工場などには返品商品が相次いで届いているとも言われています。

    この機会に、在庫買取や不良在庫を処分する上で、どのような方法が存在し、どのように業者を選べば良いのかなど、いくつかのポイントに触れてみました。

  • 思わぬお宝があるかも?!実家の押入れを整理整頓!

    高齢の両親に代わって実家の整理をしているときや遺品整理の際など、思わぬお宝が発見されるかもしれません。自分では判断がつかないようなものでも、宅配買取で一度、査定してもらうのがおすすめです。

閉じる

身分証明書について

古物営業法に基づき、
買取の際にはご本人様確認が必要です。
ご利用いただける身分証明書を紹介します。

いずれか1点で構いません
  1. 1 運転免許証
    運転免許証

    ※顔写真付きのもの

  2. 2 住民基本台帳カード
    住民基本台帳カード

    ※顔写真付きのもの

  3. 3 住民票の写し
    住民票の写し

    ※発行から3ヶ月以内のもの
    ※複写は禁止

  4. 4 日本国パスポート
    日本国パスポート

    ※住所の記載があるもの

  5. 5 在留カードまたは
    特別永住者許可証
    在留カードまたは特別永住者許可証
  6. 6 学生証
    学生証

    ※住所の記載があるもの

  1. 7 マイナンバーカード
    マイナンバーカード

    ※通知カード不可

  2. 8 健康保険証
    健康保険証

古物商の法律により、身分証明書のコピーを弊社で保管する義務がございます。
そのため、コピーを取らせていただきますので予めご了承ください。
宅配買取の場合はマイページからアップロードいただくか、お品物と一緒にご郵送をお願いします。

ご注意ください

  • 保険証に関しましては、お客様ご自身で記号と番号の箇所を隠して撮影をお願いします。
  • 住民票の写しは、コピーではなく地域の窓口で請求された書類の事を指します。
  • 買取お申込みフォームで記載するご住所と現在お住まいの住所と、身分証明書の情報は一致している必要がございます。
  • 顔写真の部分などは、マジックなどで黒塗りにされないようにお願いいたします。
  • 18歳未満の方からは現在買取を行っておりません。

法人様の場合

法人様とのお取引の場合は、下記の書類が必要です。

  • 取引担当者様の、住所、氏名、年齢が記載された、上記記載の身分証
  • 取引担当者様の、名刺1枚
  • 登記簿謄本のコピー ※3か月以内に取得されたもの